茂籠商店

 

たばこ、日用雑貨(小間物も)、学用品、衣服、食料品、灯油、履物等を販売している昔ながらの「よろず屋」です。
丹後大震災(1927年3月7日)前から、祖父 茂籠作造が店を始めました(当時は薬種商として自家製薬も販売)。震災後すぐに再建して茂作(もさく)と呼ばれ、地元地域の中で親しまれてきました。戦後、9人兄弟姉妹の末娘であった母親が引き継ぎ、現在は3代目への移行期です。
 
地球温暖化等のグローバルな環境問題が顕在化する時代情勢の中で、「故郷造り」「お客様との知恵のやりとり」をコンセプトにきめ細やかな丁寧なサービスを心がけながら、新たな経営基盤を模索中です。来るべき次の時代に適合した環境商品、サービスを開拓、販売、普及すること等を通して、地元住民に親しまれ真に役に立つ店造り、公正な持続可能な地域社会の基盤造りを目指していきたいと考えています。

住所 〒629-2302 京都府与謝郡与謝野町字下山田1323
電話番号 0772-42-3039
FAX番号 0772-42-3039
営業時間 AM8:00〜PM7:00
定休日 なし(休みは、不定期にあり)
ホームページ